リンク案内


海外のバイナリー会社で取引をする人が増えています


fsii バイナリーオプション自体は別に海外の会社で取引しても法律的には問題ありませんから、自分あった会社を求めて海外の会社に流れているのかもしれません。

私自身も国内のバイナリー会社には見切りをつけて海外の会社で取引をしています。海外のバイナリー会社と聞くとネット上では「海外バイナリー会社は詐欺会社」というワードが良く目立ちます。実際のところそういった被害が出ているので一概に否定はしませんが、そうであっても一括りに「海外=詐欺」という構造は好きになれません。

そもそもバイナリーオプションとは「一定時間後に購入額よりも高くなっているか、低くなっているか」を見るシンプルな取引です。初心者が始めるのは打ってつけのシンプルさですから、初心者が情報をよく精査せずにネットの上の情報に流されて、そして出金できないという被害が起こっているのです。

バイナリーオプション自体は詐欺ではなく立派な金融商品です。問題となるのは「出金できない会社」です。そのような詐欺サイトに合わないような工夫点をいくつか挙げてみます。

・ネッテラー対応している会社

ネッテラーというのはネット上で資金をやり取りする仕組みだと思ってください。私たちと銀行の間を取り持ち、さらには私たちとバイナリー会社の間を取り持つ存在です。ネッテラーと銀行は直接関係ありません。

ですからネッテラーはバイナリー会社と取引をする以上は必ずその会社そのものを審査します。そうなければ信用が命のネッテラーが成り立たなくなるからです。

つまり、ネッテラー対応しているバイナリー会社は第三者の目からでも審査された、しかも資金に関する審査を受けた会社だといえます。そのため「ネッテラー対応」という表示がされているバイナリー会社は比較的安心できる会社だといえます。

・フリーダイヤル、もしくは日本語対応のスタッフがいる

ネッテラーよりも信用度は落ちますが、こちらの方も事前に確認できますから念のために見てくと良いことです。最近の海外バイナリー会社は国内にフリーダイヤルを持っていることは少なく、海外に直接つなぐ国際電話形式になっていることが多いです。

こうなると通信費は高くなりますから電話対応がしにくくなってしまいます。その中でもフリーダイヤルを持っているということ、「電話対応をしている」ということであり、さらに電話料金を負担してでもお客の対応をしている、という表示でもあります。

そして、前提として日本語対応していることは絶対です。「よくある質問」のコーナーが英語表記である会社もありますから、事前に質問コーナーで日本語対応をしているかどうか位はきちんと見ておくことが大切です。二つのポイントをあげましたが、やはり経験からネッテラー対応の方が信用は出来ると思います。


私はFX経験3年目ですが、今だに満足な利益を上げることができていません。今までのトレードは主にデイトレードで1日中市場をモニタリングして、動く気配があったタイミングで順張りにポジションを取る方法でした。

この方法はタイミングが遅いのか、直ぐに反対に動いてしまい、結局損切りしてしまうことが、何回もありました。最近はデイトレードでは無く、ウィークトレードに変更して、各通貨ペアの動きの地合いを重要視するようにしています。まだ初めて間もないですが、僅かながら利益が出ています。


(C) 円安円高.com